関西総合鑑定所 Vol.50建物の面積についてー同じ建物でも面積が違う ?ー- 豆知識|不動産鑑定や補償コンサルタントを京都、大阪、滋賀を中心に広く業務しており、土地、建物、財産評価、相続、遺留、財産相続、固定資産、税、のことならご相談ください。
HOME>豆知識

Vol.50建物の面積についてー同じ建物でも面積が違う ?ー


2011年5月19日

今回の豆知識では、建物の面積について考えてみます。
建物の面積は、容積率の計算で使用される場合、建築確認申請で使用される場合、登記で使用される場合、課税のための計算で使用される場合、建設業者の工事で使用される場合があります。そして、同じ建物でも、使用される場合によって、面積が異なることがあります。 以下では、
●「あなたの家の面積は?」と聞かれたとき、何を根拠とした面積で答えているのか。
●建物に関する色々な資料により、自分の建物の面積が異なるのはなぜか。
といったことを理解・整理するために、建物の面積を、その根拠に基づいてまとめようと思います。

続きはこちら

豆知識一覧