関西総合鑑定所 Vol.48建築基準法に規定される「道路」について- 豆知識|不動産鑑定や補償コンサルタントを京都、大阪、滋賀を中心に広く業務しており、土地、建物、財産評価、相続、遺留、財産相続、固定資産、税、のことならご相談ください。
HOME>豆知識

Vol.48建築基準法に規定される「道路」について


2011年4月25日

1.はじめに

今回の豆知識では、「道路」について取り上げたいと思います。一概に「道路」といっても様々なものがあります。通常よく知られている道路の分類としては、市町村道、都道府県道、一般国道などの道路法に規定される道路があります。その他、所有者・管理者により分類される公道、私道といった分類や建物を建てる際に重要となる建築基準法に規定される道路などがあります。不動産の鑑定評価においては、対象不動産(土地)が接する道路の種類によってその価値が大きく異なるため、道路に関する調査は非常に重要です。そこで鑑定評価において特に重要となる建築基準法に規定される「道路」についてまとめるとともに、大阪市、京都市、大津市におけるそれぞれの地域特有の「建築基準法に規定される道路」を紹介します。さらに、建築基準法における道路に関連する条項についても簡単にまとめて記載します。

続きはこちら

豆知識一覧